TOP

メンヘラ風俗嬢に、ハマッてしまったときの体験談です。

余りの痛さに泣いてしまった僕。

先日SMクラブにて、僕は泣いてしまいました。まさか大人になってから泣くことがあるとは思いませんでしたよ。使ったのは23区内で定評のあるSMクラブで、結構サービスも良いって聞いてました。そこで、さっそく使ってみると、たしかに女の子は可愛いし、プレイの内容も色濃くて楽しい。しかし、相手の子は乳首を噛んでくるタイプの子でした。僕の乳首がちぎれるんじゃないかってくらい噛んできて、正直めちゃくちゃ痛かったです。泣いたってのは、それが痛すぎたからです。いくらMとは言っても、痛すぎるプレイに関しては、楽しくもなんともないですからね(笑)。「ちょっと痛すぎるんだけど」と言っても、相手の子は聞く耳を持たず、ひたすら乳首責めされました。これ以上噛まれたら血が出るんじゃないかって思ったので、「もういいって」と彼女を引き離し、あとは普通にフェラで抜いてもらいました。プレイは気持ち良かったですが、ちょっと泣きたくなる感じのプレイでしたね(笑)。


お掃除フェラまでしてくれました

これまでの自分はとにかくプライベートでも仕事でも運がなく、何をやっても上手くいきませんでしたが、最近はなぜか調子が良いように思えます。その理由の一つとして気分の切り替えが上手く出来たからだと思います。今回でいうと風俗にはなるのですが、自分好みの女の子に癒してもらえたからです。都内の某ピンサロ店で働いているAちゃんはとにかく若くて可愛いタイプの女の子です。いつもは甘えるのが大好きという彼女は自分が会いに行っている時もかならず可愛い感じに甘えてきます。元々そんなに女の子とべたべたしたことがなかった自分にとっては本当に刺激が強かったのですが、彼女はお構いなしに自分のペースでやってきます。性的なサービスについては手コキがメインなのですが、たまに咥えてくれるのが焦らしていたせいか分かりませんがとにかく気持ちよく感じるんですよね。最後は彼女の手の中で思いっきり出してしまいましたが、嫌がるそぶりもせず最後はお掃除フェラをしてくれました。


日本三名城・熊本城下は現在でも大にぎわい!火の国の熱い美女が待っています!

【歴史も観光スポットも風俗店もさすがの充実ぶり!】
日本三名城のひとつに数えられる熊本城の城下町として、戦国時代から繁栄し続けてきた熊本県熊本市。2010年には人口70万人を突破し、11年には九州新幹線が開業。観光や出張などの際、訪れやすくなりましたよね。その甲斐もあったのか、12年には政令指定都市へと移行するなど、現代でも九州を代表する都市として存在感を発揮しています。それだけに飲食店や大型商業施設が目白押し。デート・レジャースポット、観光スポットが充実しており、昔と変わらぬにぎわいを見せています。戦災のため古い城下町の一部は消失してしまいましたが、今なお長い歴史を持つ店舗も残っているのもうれしいところでしょう。そして古い街ですから、もちろん風俗店も多数存在しています。その規模は九州、いえ西日本屈指といえる風俗スポットとなっています。デリバリーヘルスなどの派遣型、店舗型ともに充実。ありとあらゆるタイプ、ジャンルの風俗を楽しむことができます。


【店舗型も多いがデリヘルもすごい!熱い“火の国”の女性と出会えるかも】
店舗型風俗店は熊本城の程近く、熊本市中央区にある「銀座通り」に集中しています。エリア一帯が、馬肉や有明海の干潟から水揚げされるノリやアサリといった魚介類などの、熊本名物を味わえる飲食店と風俗店が林立する歓楽街になっています。観光がてら足を運んでみると楽しめるでしょう。店舗型風俗も充実していますが、一方で熊本市は県庁所在地ですから、シティホテルなど宿泊施設にも事欠きません。デリヘルを利用しやすい環境でもあります。デリヘル店も美女・美少女が集う高級店、人妻系、素人系など多種多様なお店がありますので、お好みのお店と女の子を探してみてください。ちなみに、有名な歌もありましたが、“火の国”熊本の女性たちはルックス抜群で、内面には熱い情熱と一本気な強さを秘めているというタイプが、今なお多いようです。情報の収集さえ怠らなければ、熱い熊本の夜を過ごすことができますよ!